バイク ヤマハ XSR700

ヤマハXSR700 次の相棒は、ネオレトロなネイキッドバイクだ!

2019年4月4日

次のバイクは大型ロードスポーツ

いきなりですが、次のバイクを購入しました。
ヤマハXSR700
実はずっと気になっていたバイクのひとつです。
セロー250でヤマハのハンドリングにすっかり魅了されてしまったので、次のバイクもヤマハと決めていました。

大型免許もあるし、せっかくだから大型ロードスポーツに乗りたいと思ってあれこれ見て回りましたが、心のなかではもうXSR700を買うと決めていたように思います。

ヤマハXSR700

  • バイクの原型とも言えるネイキッドスタイル
  • レトロなスタイリング
  • 中身は最新の性能を持っている
  • 重量が軽い

かなりツボにはまったスタイリング

スタイリングは海外で発表されたときからかなり気になっていました。レトロと最新が融合したようななんとも言えない存在感があります。

マッドマックスに出てくるような剥き出しメカが見える雰囲気も好きですが、アルミ製タンクはひとつずつ手作業で磨いているこだわりもあります。

圧倒的に軽い車重

XSR700の車重はカタログデータでなんと186kgしかありません。
普通の400ccバイクよりも軽い!
実際の取り回しもセローとあまり変わらない実感です。

抜群の動力性能

XSR700の中身はバイクジムカーナでも人気の車種MT-07です。
688ccの最新ロードバイクであり、73馬力のスポーツモデルなのです。

見た目はレトロですが、中身は最新というコンセプトはかなり好きです。

ニッサンGT-Rが出たときに「羊の皮を被った狼」という表現がありましたが、XSR700の場合は「お婆ちゃんの皮を被った狼」とでも言っておきましょう!

国産車ロードスポーツならではの豪華装備

スポーツスター、セローと乗り継いできましたので、装備面はかなり質素なバイク育ちです。

  1. XSR700には念願の6速があります!
  2. そしてタコメーターと燃料計も装備!
  3. ヘルメットホルダーも当然装備!
  4. イモビライザーキーまで装備!

これぞ国産ロードスポーツの嬉しいところですね〜

試乗もせずに購入

バイクを買うときに試乗して買う人が多いと思いますが、私はあえて試乗しません。

なぜかと言うと、一番最初の出会いと感動を試食的な短い時間で味わってしまうのがもったいないからです。

カルディの試飲コーヒーではなく、1日かけてじっくりとゆっくりと味わいたいタイプなんです。

今日のまとめ

セロー250から、これまたまったく違うタイプへ乗り換えました。これからはXSR700のインプレッションやカスタムをブログで発信していきます!

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク, ヤマハ XSR700
-, ,

© 2020 ライダーブログ