ノースフェイス エンデュランス・キャップ

アイテム

猛暑酷暑対策 No.1 ノースフェイスのエンデューロキャップ

2018年7月24日

2018年の夏

暑い...
とても暑い...
2018年の夏は過去体験したことのない暑さが続いている。
6月29日に梅雨明けというスタートにも驚いたが、
7月に入るとものすごい猛暑日と酷暑日の連続、体力的にも精神的にもまいってきた。

人類は生き残れるのか?

地球温暖化が進んでいる影響だろうか?
このまま気温が上昇していくと人類が生活できない気候になりそうだ。

熱中症で運ばれる人も非常に多く、連日救急車のサイレンが鳴り響いている。

クラクラするぐらいの猛暑日

自分は夏生まれという自負もあってか、夏には割と強いと思っていた。
しかし、この連日の体温クラスの気温には生物的に対応できない。

先日もバス停でバスを待っている時にクラクラとして気分が悪くなった。
幸いすぐにバスが来て冷房の効いた社内に逃げ込めたので助かった。

このままのスペックで猛暑を受け止めるのは、人間の構造上無理があると思う。

なんとか知恵を使って対処しないと生命的に危機だと思う。

暑さ対策アイテムを購入

ノースフェイス エンデュランス・キャップ

そこで購入したのが、こちらのキャップ。

ノースフェイス エンデュランス・キャップ
NORTH FACE ENDURANCE CAP
品番:NN01873
定価:4,900円+税

カラーは黒、白、青の3色があるが、爽やかな白を選んだ。

メッシュ素材のキャップで通気性は抜群。
最大の特徴とも言えるのは、うなじ部分にヒラヒラが着いていることだ。
このヒラヒラが後頭部とうなじ、首筋を直射日光から防いでくれる。
ヒラヒラは取り外し可能なので、通常のキャップとしても使用可能だ。

実際に使ってみた感想

朝のウォーキングでさっそく使用してみた。

素晴らしい!

直射日光から守るのはひと目でわかっていたが、
歩いていると風が前から入り、首筋に通って行くのがわかる。
今までは首に当たった風はそのまま左右に別れていくのだが、
このヒラヒラがあるおかげで、風をヨットの帆のように受け首の後ろに流してくれるのだ。

とても快適で心地よい。

アラビアのロレンス

ある朝、ウォーキングをしていると、川の向こう岸に工事用作業着を着た方が歩いてきた。

アラビアのロレンスのようにヒラヒラと歩いているお互いの姿がすぐ目に止まる。

お互いに微笑み、手を上げ、無言ですれ違っていく。

「今日も暑いなぁ、お互い頑張ろう」

砂漠を行き交う男同士、お互いの無事を祈る気持ちが川を挟んで交差する。

ノースフェイス エンデュランス・キャップ

今日のまとめ

今年の夏は夏休みとかのレベルではない。
もはやサバイバルに近いと状況と言えるだろう。
自然の偉大なる力の前に人間はとても無力である。
せめて知恵を絞って少しでも涼しくなるよう工夫していきたい。

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-アイテム
-

© 2020 ライダーブログ