ドゥカティ東京ウエストが倒産閉店!

バイク

ドゥカティ東京ウエストが倒産閉店!

2018年4月15日

相棒の元気がないぞ

先日、友人とツーリングに行ってきた。
やっと寒い冬が終わり、バイクの季節到来である。

渋谷区の事務所前で待合せ、すぐに首都高に入る。
中央環状と3号渋谷線を使い、あっと言う間に東名海老名まで来た。

友人の愛車はドゥカティモンスター1200Rである。
ドゥカティの誇るネイキッドバイクの最高峰であり、150馬力のVツインエンジンを搭載している。

その友人が寂しそうに語りだした。
新車で購入した1200Rなのだが、ディーラーが倒産したというのだ。
そう言えば今日の1200Rは走りに元気が無い。
まるでCGのような鬼加速を出していないのだ。

以下、その友人からの話をまとめてみた。
これらはすべて実話である。

ディーラーからは連絡なし

ドゥカティジャパンから手紙が届き、それによってドゥカティ東京ウエストの倒産と閉店を知った。

新車で購入したのに、ディーラーからは何の連絡も無かった。

連続閉店の結果

ドゥカティ東京ウエストを経営していたトマトモータースは、以前ドゥカティ練馬も経営していた。

練馬は2016年に閉店しており、2017年末に東京ウエストも閉店、そして倒産となった。

12月に点検で行っていた

2017年12月に12ヶ月点検で東京ウエストに行っていたが、その時に何も言われなかった。恐らく従業員にも知らされてなかったと思う。

引き継ぎは渋谷店

今後の点検整備や保証は都内の小規模なドゥカティディーラーが担当することになった。
そのディーラーは店舗が小さく、車の駐車場もないため使い勝手が悪い。
店舗が小さいため一度に預かれる車両数も少ない。
前もって予約しないと何もできないため、ツーリング帰りに寄り道で行くこともできない。

リコール真っ只中

モンスター1200Rはフロントブレーキにリコールが出ている。
それもすぐにやりたのだが、小規模店のため予約が取れず少し先になってしまった。

リアブレーキ不動

1200Rのリアブレーキにリコールは出ていないのだが、ブレーキ内部にエアが入り、ブレーキがまったく効かない状態になっている。

12月に購入した東京ウエストに点検で行った時にも同じ症状の1200Rが入庫しており、エア抜き作業をしているところだった。

よく走れたな〜

ざっとまとめてみたが、こんなところだった。
あまりにも可哀想なのでホットコーヒーをご馳走してなぐさめた。

今日の走りに元気が無いのは、ディーラーの倒産だけが理由ではなかった。
リアブレーキがまったくの不動であり、フロントブレーキはリコール真っ最中という状況で走ってきたのだ。

今日のまとめ

ドゥカティモンスター1200Rのお値段は230万円である。
品質、サービス、価格、どうもバランスが取れていないように思える。

トライアンフのディーラーが倒産し夜逃げした話もついこの間のことである。
このままだと、外車バイクディーラーの経営はますます難しくなっていくだろう。

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク
-,

© 2020 ライダーブログ