バイク

2018 カワサキ Ninja 250 がフルモデルチェンジ

2017年12月18日

Ninja 250 フルモデルチェンジ

話題のニューマシンを次々と導入しているカワサキから、さらに新しいバイクが発表された。フルカウルスポーツのブームを牽引してきたNinja 250がフルモデルチェンジされたのだ。今日は新しいNinja 250の魅力を書いてみたい。

基本構成

Ninja 250のデビューは2013年になる。そこから数えて2度目のフルモデルチェンジとなるが、もちろんエンジンもフレームも完全な新設計となっている。

スタイリング

前モデルはややマイルド志向だったが、新型Ninja 250はNinja H2やZX系と共通の尖った攻撃的なスタイリングになっている。ライト下にある前に突き出たエラ形状のフィンなどはレーシングスポーツに近いデザインだ。

カラーリング

ブラック&グリーンのカラーリングもレーシーな雰囲気を出している。サイドデカールの250、400という部分でそれぞれの排気量を判断できるが、それ以外ではまったく区別できない。

ヘッドライト

正面から見た二眼の睨み具合がキリリとして勇ましい。ヘッドライトはLEDとなっている。ローポジションで外側2灯が点灯するのでノーマルで両眼点灯が可能となった。今まではカスタムパーツなどで両眼点灯にしていたので、小さい部分だけどユーザーにとっては嬉しい改良点と言える。

ハンドル形状

新型Ninja 250はセパレートタイプのハンドルを採用した。これにより前傾姿勢は低めとなりスポーツよりのセッティングとなった。

フロントフォーク

フロントフォークは前モデルから4mm太くなり、正立タイプのφ41mmとなった。フロント剛性はかなりアップしたと思える。

ライトウェイト&ハイパワー

前モデルから7kgの軽量化を実現した。エンジンパワーも7psアップし39psとなった。これはホンダCBR250RRの38psを超え250ccスポーツで最高出力となる。

車体も前モデルより少し小さくまとまった感じだ。ホイールベースは400mm短くなり1370mmとなっている。

大幅な運動性能アップ

軽量、ハイパワー、短いホイールベース、これで運動性能がかなり高められたことが解る。早く試乗してみたい。

発売時期

カワサキの公式ホームページには、国内販売予定モデルとして2018年春の発売時期と書かれている。

YouTube動画

今日のまとめ

250ccは車検もなく日本にベストなサイズだと思う。250ccスポーツブームを開拓したNinja 250はさらに進化して先に進もうとしている。やっぱりカワサキはいいなぁ。

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク
-, ,

© 2020 ライダーブログ