バイク

ホンダCB1000Rをミラノショーで発表

2017年12月2日

ホンダCB1000R 2018

2017年11月9日からイタリア・ミラノで開催されたEICMAミラノショーでホンダはフルモデルチェンジとなるCB1000Rを発表した。

業界トップのホンダが送り出してきたネイキッドモデルは、日本国内での発売も予定している。では新型モデルの魅力を順に見ていこう。

コンセプト

新型CB1000Rのコンセプトを「魅せる、昂る、大人のためのEMOTIONAL SPORTS ROADSTER」とメーカーは定義している。昔からの言い方を使えば、エンジンのホンダ、ハンドリングのヤマハ、そして伝説のカワサキというイメージがある。ホンダの最近は高性能だけどあまり魅力的なモデルが少なかった。そのホンダが敢えて「魅せる」と言い切るのは面白い。

外観

メーカー発表の言葉をそのまま引用すると「ネオ・スポーツ・カフェ」との事だ。サテン仕上げのシルバーが近未来的な雰囲気を作りだしている。ネイキッドモデルなのだが、昔懐かしのスタイルではない。マスの集中に重点を置いた車体構成になっており、ハイパワーの中にも扱いやすさを考えている。

スパッと短く処理されたテールがカスタムされたような印象すら受ける。今までのCBシリーズがややレトロな雰囲気を持っていたが、新CB1000Rは、ヤマハのMTシリーズのような新しい流れのデザインになっている。

メーターパネル

液晶タイプの近未来的なメーターが装備される。字体も近未来的だが、古くからのバイクファンにはちょっと馴染めないイメージだ。

エンジン

水冷直列4気筒DOHC、998cc、前モデルは123.4馬力だったが、この新型なんと143.5馬力までパワーアップされている。

サスペンション&ブレーキ

フロントフォークはショーワ製の倒立タイプ。テンションとコンプレッションを調節可能だ。

フロントブレーキはラジアルマウント4ポットを装備、リアはツインピストンになっている。ハイエンドモデルなのでABSは標準装備となっている。

最新装備

スリーパークラッチを標準装備し、クラッチが軽く楽に操作できる。スロットル・バイ・ワイヤシステムも装備、これによりライディングモードは4つから選択可能になった。

YouTube動画

今日のまとめ

ヤマハ、カワサキの人気を追うため、ついにホンダが逆襲にでた。さすがエンジンのホンダ、1000ccで143.5馬力とは強烈だ。同じコンセプトでCB250RとCB125Rの国内販売も決定している。なかなか楽しみなニューモデルだ。

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク
-,

© 2020 ライダーブログ