バイク

ヤマハXSR700のレトロな魅力を解説

2017年12月18日

ヤマハXSR700

2017年11月6日、ヤマハ発動機からXSR700が発売された。レトロなスタイリングにライトウェイトなボディ。私の趣味にズバッと入り込む久々のバイクだ。今日はそんなXSR700について書いてみたい。

開発コンセプト

「アーバン・カジュアル・レトロ・スター」というのがXSR700のコンセプトだ。オーセンティック、つまり昔風の外観を持ち、街中でもカジュアルに楽しめる。そんなイメージのバイクだ。

スタイリング

ヤマハの言葉をそのまま引用すると「ホリゾンタルスタイル」のボディラインとなっている。細くて長い燃料タンク、低めのシート、そのままリアフェンダーへ流れるライン。昔のヤマハレーサーのような細くて美しいラインに一目惚れしてしまった。

カラーリング

日本仕様はマットグレーメタリックとダルレッドメタリックの2色が用意される。このうちのマットグレーメタリックが何とも言えないレトロ感を持っている。

タンクのサイドカバーやフロントフェンダーステーもアルミ製となっているため、メーカーから出荷されたそのままでもカスタムされたようなガレージビルド感がある。

動力性能

基本的にはMT-07の水冷・4ストローク・パラレルツインエンジンが搭載される。688ccの排気量は街でも高速でも十分な性能を発揮する。MT-07はストリートでの使用をコンセプトに作られたバイクなので、キビキビとした走りに定評がある。バイクのジムカーナでもMT-07は常連バイクだ。

ライトウェイト

そしてXSR700の魅力はそのライトウェイトにある。車両重量186kgとかなり軽量を実現している。参考までにホンダCB400SFは199kgとなっている。

電子制御なしの潔さ

XSR700にはスロットル・バイ・ワイヤ、モードセレクタ、トラクション・コントロールなどの電子制御は装備されない。それがいい。あれこれと装備した近代的なバイクもいいけど、オートバイはもっとシンプルで身近な乗り物だったはずだ。電子制御で速いのは簡単だけど味気ない。

名車SRX600を思い出す

80年代ヤマハの名車に単気筒スポーツのSRX600があった。ネーミングも似ているのは意図的なものだろうか。

スリムなボディにピックアップの良いエンジン。丸目ヘッドライトからテールまで流れるようなライン。シルバーのサイドカバーとショートマフラー。同じような魅力をXSR700に感じてしまう。

YouTube動画

今日のまとめ

このデザインのバイクがいま新車で買える。性能抜群で壊れない。メーカー純正のカスタムバイク。うん、素直に欲しいバイクです。

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク
-,

© 2020 ライダーブログ