バイク

ホンダ・アフリカツインのビッグタンク版 ミラノショーで発表!

2017年12月17日

アフリカツインが進化した

アフリカツインはホンダが誇るビッグオフローダーバイクだ。以前から噂があったビッグタンクを装備した「アフリカツイン・アドベンチャースポーツ」がイタリアのミラノショー(EICMA2017)で発表された。

コンセプト

  • もっと遠くへ行きたい
  • もっとタフに過酷な挑戦をしたい

これらのアドベンチャーを実現するために、さらにタフな装備のアフリカ・ツインをホンダが用意してくれたのだ。

燃料タンク

まず眼を引くのは大きくなった燃料タンクだ。標準モデルが18.8Lだったのに対し24.2Lへと大幅拡大された。これにより今まで以上のロングツーリングが可能となった。

スクリーン

標準より80mm高さがある大型のウインドスクリーンが装備されている。標準でも評価の高かった防風性能がより高められ、高速域での移動が快適になる予想だ。

サスペンション

前後のサスペンションストロークが延長されている。正確な数字は不明だが、悪路での走破性が向上しているはずだ。

豪華な装備

標準ではオプション扱いとなっているグリップヒーターとAC電源ソケットも装備されている。今までより過酷なシチュエーションでもより快適に走破できる。

安全装備

転倒時のダメージ軽減を考え、シルバーのパイプ型クラッシュガードを装備している。エンジン下部には大型のアルミアンダーガードを装備、岩場での損傷や飛び石なども想定内だ。

2018年型の装備

アフリカツインのスタンダード/アドベンチャースポーツに共通としてこれだけのものが装備された。

ついにスロットル・バイ・ワイヤが装備された。これは電子制御式のアクセルスロットルコントローラーであり、4つのライディングモードをセレクトできる。

トラクションコントロール(HSTC)もアップグレードされた。旧モデルでは3段階+オフだったのに対し、7段階+オフとより細かく設定できる。

バッテリーも新型のリチウムイオンバッテリーが搭載された。これにより従来型よりも2.3kgバッテリー重量が軽くなり、総重量も2kgほど軽量化された。

270度クランクのパラレルツインエンジンにも改良が施されている。バランスシャフトのウエイトを300g軽量化し、中速度域のピックアップが改善されている。

給排気系も見直され、新型マフラーも装備した。

カワサキでは小排気量車にも導入されているアシスト&スリッパークラッチがやっとアフリカ・ツインにも導入された。これでマニュアル車を選んでもかなり快適にクラッチ操作ができる。

YouTube動画

今日のまとめ

アフリカ・ツインには男のロマンがある。それは冒険であり挑戦である。

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク
-,

© 2020 ライダーブログ