バイク.クルマ.スキー.サーフィン.「乗る」を楽しむブログ

ライダーブログ

スキー

スキーに行くなら日帰りより週末合宿が合理的!

投稿日:2018年2月11日 更新日:

スキーの日程

今年は雪が多く、すでに各地でスキー場がオープンしている。軽く足慣らしで行ってくるか。そんな声もあると思うが、どのような日程を考えているだろうか?

沼田IC付近の首都圏エリアなら日帰りスキーも可能だが、私は週末合宿スキーというスタイルを提案したい。それぞれのスタイルを比較してみよう。

日帰りスキー

7:00に東京を出発、途中で休憩を入れて、沼田エリアなら10:00に到着する。そこから着替えて10:30にスキー開始、途中でランチを食べる。帰り道の渋滞を考えて15:00に上がる。これでトータル4時間30分がスキー時間だ。

日帰り温泉によってから帰路で高速を運転。土日であればまず渋滞しているので、帰路は睡魔との戦いになる。途中で夕飯を食べて21:00頃に帰宅となる。

週末合宿スキー

金曜日の夜に出発。夜の空いている高速道路を走り宿泊先に到着。この日は温泉に入りゆっくりと睡眠をとる。

土曜日は7:00に朝食をとり、8:00からスキー開始、運が良ければノートラックの新雪を独り占めできる。1日たっぷりと夕方17:00まで滑る。温泉で疲れを癒やしたっぷり睡眠。

日曜日も早朝8:00から滑り12:00でスキーを終了。渋滞を避けるために早々に帰路につく。日帰り温泉に寄っても17:00には自宅到着。スキー時間は合計13時間になる。

週末合宿スキーは合理的

週末合宿スキー1回分のスキー時間13時間を日帰りスキーでやる場合、休日が3日も必要になる。どちらが合理的かすぐに解るだろう。

体力的な問題

若い頃なら日帰りスキーのスケジュールでも十分にこなせた。しかしリターンスキーヤーは40〜50代。このスケジュールをこなせる体力があるだろうか?

1日で雪山まで往復するのはかなり辛い。帰路が渋滞していればさらに地獄だ。週末合宿スキーなら1日に必要な運転は片道だけ、しかも空いている時間帯を選んでいるので渋滞はほぼ無しだ。

スキーは連続してやる方が上達する

学生時代のスキー合宿やスキー旅行を思い出して欲しい。スキーは連続してやるほど上手になった。土曜日の日帰りスキーを3回やるより、週末合宿スキーを1回やったほうが上達する。

交通費も合理的

日帰りスキーの場合、4時間30分滑るために1往復分の交通費がかかる。合宿スキーだと13時間滑って1往復の交通費。どうせ雪山まで行くならまとめて滑った方がお得だということだ。

今日のまとめ

あとはスケジュール調整ができるかどうかだ?これぞマネジメント能力が問われるところだが、大人スキーヤーの経験と実績があれば、仕事関係も難なくまとめられるだろう。

rider_336

rider_336

rider_reccomend_post

  • この記事を書いた人

uma

/セロー250/セレナC25/バイク/クルマ/スキー/ゴルフ/サーフィン/既婚/ 子供の時から乗る系が大好き。オールシーズン何かしらに乗っていたい東京都在住のフリーランス53歳。

-スキー
-,

Copyright© ライダーブログ , 2018 All Rights Reserved.