バイク

バイクツーリングの年間予定を考える

2017年11月15日

ツーリングを楽しむ

今日は久しぶりのツーリングで箱根まで往復してきた。天気も良く、紅葉を楽しんできたが、今年は天気が悪くなかなかバイクでツーリングに行けなかった気がする。バイクツーリングを快適に楽しむため、季節とコツを考えてみよう。

1月のバイク

寒い。ホント寒い。よほどの事がないとまずバイクには乗らない。乗ったこともあるが、かなりの苦行になる。バイクの平均年齢は52.9歳だ。10代なら頑張れるが、50歳以上のシニアに冬のバイクは勧められない。

2月のバイク

さらに寒いので確実に乗らないほうが良い。最近は関東でも雪が多く降るので天気予報のチェックは重要だ。雪が降ると高速は通行止めになり、帰ってこれないからだ。

降雪時のバイクはとても危ないから止めたほうがいい。降雪後の数日間も凍結があるので注意が必要だ。

3月のバイク

春の日差しがポカポカしてくるが朝晩はまだまだ寒い。暖かいウェアとグローブがあると頼もしい。最近はヒート系インナーの進化がすごいので試してみる価値はある。

4月のバイク

花が咲き、景色が冬から春に変化していく楽しい季節。バイクにとって快適な季節だ。日差しは暖かく気温も上昇する。朝晩は少し涼しいのでウェアのインナーで調節するといいだろう。

5月のバイク

新緑が美しく、ツーリングが楽しい季節だ。最近は日差しが強く気温がかなり高温になる。クール素材のインナーでうまく工夫したい。こまめに休憩して水分補給もした方が良い。

GWは大渋滞になるのでツーリングは控えたほうがいい。帰り道の渋滞30kmとか嫌でしょ...

6月のバイク

梅雨のため雨が多い。なかなかバイクに乗れずストレスが溜まるけど、バイク雑誌でも読んで過ごそう。ごくまれに梅雨の合間の快晴がある。これは数少ないチャンスなので逃さずバイクで出かけよう!

7月のバイク

前半はまだ梅雨なので当然に雨。梅雨明けとなった後は一気に気温上昇となる。そんな時は軽井沢や山中湖などの避暑地ルートがオススメだ。避暑地で食べる名物ソフトクリームは格別!

8月のバイク

35度以上の酷暑日もあるため、天気予報は確実にチェックしたい。天気が良すぎるのもバイクにとっては危険だからだ。そんな時はナイトツーリングという手もある。ランチではなく夕食を食べに行くのも楽しいはずだ。

夏休みのため行楽地は混雑が予想される。ルート設定は行楽地を避けたほうがいいだろう。お盆休み期間の高速道路は大渋滞になるので、ツーリングは避けたほうがよい。

9月のバイク

前半は残暑が厳しく、まだまだ気温は30度を超える。メッシュジャケットやクール素材のインナーで熱中症対策が必要だ。後半は秋雨前線が北上し天気が悪くなる。台風にも注意が必要だ。

10月のバイク

残暑も落ち着き、ツーリングに良い季節となる。秋の味覚を楽しむツーリングルートならバッチリだ。台風が多いので天気予報チェックは重要。無理なようなら早めの中止も必要だ。

11月のバイク

紅葉が始まり、景色が秋に変わる。ツーリングにとても良い季節だ。北風が吹くと気温が一気に下がるので暖かい装備を用意したい。

日中は暖かいのでウェアの選択に迷うが、迷った時は暖かい方を選ぶといい。暑いのはまだなんとかなるけど、寒いのは本当に辛いからだ。

12月のバイク

暖かい冬装備をしてもかなり寒い。特に手が痛くなるほど寒くなる。日帰り温泉をルート入れて、ホカホカになる時間を作りたい。

箱根や山中湖など標高の高いところは路面が凍結する事がある。濡れている箇所と見た目は同じなので見分けにくい。峠道は慎重に運転しよう。

今日のまとめ

やっぱり春と秋のツーリングはいいね〜。あとはウェアなどで上手に調節して安全にツーリングを楽しみたい。チャンスと思ったらバイクに乗ろう!あっと言う間に1年終わってしまうぞ!

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク
-

© 2020 ライダーブログ