アイテム

オピネルはフランス製のオシャレなフォールディングナイフ

2018年2月6日

可愛いナイフ

バーベキューなどのアウトドアは楽しいイベントだ。

さて愛用のナイフはあるだろうか?

フルーツやチーズを切るために、

軽くて可愛いナイフを探していた。

サバイバルナイフは不要

少し前からフォールディングナイフを探していた。

どんな用途に使うかというと、

  • フルーツの皮をむく
  • チーズを切る
  • バーベキューで使用
  • 防災用

ネットで検索してみたが、

どれもゴツいサバイバルナイフが多い。

どれも本格的すぎて使い切れないし、

重くて尖っているナイフは持ちたくない。

密林で鹿をさばくようなナイフは

かなりのオーバースペックである。

スタローンの映画ランボーを思い出して少し諦めていた。

オピネルとの出会い

そんな時にアウトドアの先輩と会う機会があった。

自分がフォールディングナイフを探していると言うと

先輩は得意顔でバッグからナイフを取り出した。

フランス製のOPINEL(オピネル)というナイフだった。

ひと目見て欲しくなってしまったので、

さっそく楽天でポチッと購入した。

オピネルはフランス製のオシャレなフォールディングナイフ

品番:0017000

品名:オピネル ラウンドティップ No.7

カラー:アップルグリーン

価格:2,160円

日本での輸入発売元は

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド

あのフェラーリを輸入販売してるコーンズである。

ラウンドティップ

ナイフの刃先が丸くて可愛い。

これならテーブルにあっても怖くない。

軽くてアウトドアに持っていっても苦にならない。

色もポップでとてもキュートなナイフだ。

リング部分が秀逸

ブレード根本のリングがよくできている。

「セーフティーリング」と呼ばれる安全構造であり、

1955年に考案されたものだ。

ブレードを出した状態でリングを回すとロックされる。

ブレードを収めた状態でもリングでロックできる。

バッグ内で不意にブレードが出ない安全設計になっている。

これは2000年に改良されて追加されたロック機構である。

オピネルはフランス製のオシャレなフォールディングナイフ

フランスのナイフメーカー

オピネル社は1890年から続くフランスのナイフメーカーである。

昔から続く老舗メーカーであり、

刃の長さによりモデルNo.が付けられている。

今日のまとめ

さすがは長年アウトドアをやっている先輩である。

こちらの要望を聞いてベストな回答を教えてくれた。

先輩はレッドだったので、

私はグリーンを購入した。

フランス製のポップで可愛いナイフ。

やはりチーズを切り分けたい気分になってしまう。

あわせて読みたい関連記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 いぬうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパー ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-アイテム
-, , ,

© 2020 ライダーブログ