サロモンスキーをPSTでチューンナップ

スキー

サロモンのスキー板をPSTでチューンナップ

2017年2月14日

シーズン始めにいつも自分でチューンナップしているが、今年はプロのチューンナップに出してみた。

サロモンスキーをPSTでチューンナップ
ネットであれこれ検討した結果、何度かスノーボードで出した事がある「PST」のスタンダードコースに決定。

ネットで注文してから佐川急便の着払いで発送する。
往路は無料で復路は1,620円がかかるシステムだ。

基本料金 5,400円
配送料金 1,620円
合計 7,020円

今回はすぐにスキーに行く予定だったのでスクレーピングもしてもらった。

届いた板はツルツルのピカピカ!
しっとり黒々した滑走面はいかにも滑りそう!
軽いキズなどもリペアしてくれるので、滑走面は完璧な状態だ。
エッジもきれいに研いであり、文句なしの仕上がり!

ちなみにヴィクトリアでチューンナップに出すとPSTに外注で出しています。
以前、店員さんから聞いた情報です。

やっぱりプロは違うなぁ〜
もっと早く出せば良かったなぁ〜

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-スキー
-

© 2020 ライダーブログ