コーケン Z-EAL 3/8" 首振りショートラチェットハンドル

バイク ヤマハ セロー 250

コーケン Z-EAL 3/8" 首振りショートラチェットハンドル

2016年2月12日

セロー250をあれこれ自分で整備したり、カスタムしたりして楽しんでいると良い工具が欲しくなる。

コーケン Z-EAL 3/8" 首振りショートラチェットハンドル

愛用しているスナップオンのラチェットハンドルも良い工具だけど、フロントフェンダーの内側のナットや、リアフェンダー裏のシートボルトなどを作業しているとハンドルが長くて回せない事があった。

小さくて使い勝手の良いラチェットハンドルが欲しい。
あれこれ悩んだ末に、コーケン、山下工研のラチェットハンドルに決めた。

コーケン Z-EAL 3/8" 首振りショートラチェットハンドル

楽天で6,580円(税送料込)
なんとオーダーして翌日夜に到着した。

届いたラチェットハンドルは思っていた以上にコンパクトだ。
全長114mm、重量107g、手のひらにスッポリと収まるサイズ。
1/4"用ラチェットボディに3/8"差込角を装着したモデルだ。

この超ミニサイズで強度はだいじょうぶか?
との問に、
許容トルク約70N.mまで大丈夫との安心回答がWebに記載されていた。

じっくりと見るとともて高品質な事に驚いた。
いつものスナップオンも高品質だが、アメリカの高品質という雰囲気がある。
コーケンの高品質はまさに「ジャパンクオリティ」と言う言葉が相応しい。
カチッとした造り。スムーズな動き。壊れないという安心感。
それら全てがこの小さな工具には含まれている。

グリップ部分がエラストマー樹脂になっているため、あのヒンヤリとした感触がなく、真冬の作業にはありがたい。

空転トルクも軽く、とてもスムーズに動く。
36歯なので「もうちょい」も締めやすいだろう。
首振りなので奥まった作業にも便利そうだ。

冬のガレージ作業は寒くて辛いが、良い工具があれば楽しくなる。
次回の整備、カスタムが待ち遠しい。

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまは うーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せない ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク, ヤマハ セロー 250
-,

© 2020 ライダーブログ