セロー250 NANKAIスマホポーチ装着

セロー 250 カスタムとメンテナンス バイク

セロー250にNANKAIのスマホポーチを装着

2016年2月2日

セロー250のアドベンチャースクリーンには様々なギアを装着するためのバーが用意されている。

セロー250 NANKAIスマホポーチ装着

スクリーンの内側にあるこのバーはハンドルと同じ直径なので、かなり多くのホルダーやステーが装着できる。

無線機
トランシーバー
ETC
シガーソケット
USB電源

そしてスマートフォンホルダー。

iPhone6Sをバイク用ナビとして使う構想がある。
そのためにまずはスマホホルダーを装着する。

今回はネットショッピングではなく、実際にサイズを確かめながら買いたい。
iPhoneにはケースが付いているので、そのままバイクに装着できるのがベストだ。

選んだのは南海のKANIシリーズだ。
南海部品のKANIシリーズはクランプ部とホルダー部がバラバラになっていて様々な組合せが選べる。

まずはクランプ
NEW Flex Clamp W(PB-08W)
バーサイズ 22.2mm 25.4mm
クランプ幅 32mm以上必要
1,026円(税込)

根元の部分を入れ替える事でインチバーまで対応する。

次にスマホポーチ
スマートPhoneポーチAN(PB-20S)グレー
収納サイズ H140xW72xD15mm
iPhone6 Android対応
厚さ調節ウレタンスポンジ付属
2,160円(税込)

実際にサンプルがあり、ケースに入れた状態のiPhone6Sを入れてみた。
みごとにピッタリ。
しかもウレタンスポンジがあるので厚さも調整できる。

そのまま挟み込むタイプもあったが、排ガスや水滴などを考えるとポーチ型の方が良さそうだ。
「防水構造ではありません」と注意書きがあるが防水ジップのようなジッパーが付いている。

購入してすぐNapsの駐車場で装着した。
装着と言ってもクランプを手で回して止めるだけだ。
工具は必要ない。
万が一の落下のためにミニカラビナ付のリーシュコードが付いているので、これをスクリーンステーに装着する。
あっさりと装着完了。

Napsからの帰路、装着具合をテストした。
振動などで緩むことはなかった。
表面の透明タッチパネル部分も問題なく操作できた。
ひとつ問題だったのは取り付け位置。
左側のやや下向きに装着してしまったのでニュートラルランプ「N」が見えなくなってしまった。
横から覗き込むと見えるがこれでは不便。
ガレージに戻ってから装着しなおした。
今度は右側のやや上。
スピードメーターの邪魔にならないようにした。

うん。
いい感じだ。
まだ運転してないので試運転は次回。
アドベンチャーバイクの雰囲気になってきたなぁ〜

追記:現在は新しいモデルが出ています!

あわせて読みたい関連記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 いぬうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパー ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-セロー 250 カスタムとメンテナンス, バイク
-

© 2020 ライダーブログ