ライダーブログ

バイク.サーフィン.クルマ.スキー「乗る」を楽しむブログ

バイク ヤマハ セロー 250

セロー250 オイルドレンボルトをマグネット付に交換

初回のオイル交換時にドレンボルトを交換した。
純正でもいいけどやはりマグネット付でしょ。

セロー250 オイルドレンボルトをマグネット付に交換
エンジン内部には細かい鉄粉が浮遊している。
エンジンオイルフィルターで除去できないほど細かい鉄粉。
この細かい鉄粉はエンジンにとってあまり良くない気がする。
例えるならスクラブ洗顔剤のように
ゾリゾリとエンジン内部をこすっているイメージだ。

これを除去するには磁石(マグネット)でくっつける方法が簡単だ。
ところが、
ネットであれこれ調べてみてもセロー250に適合するものがない。。。
キジマのワイヤーロックドレンボルトを付けたいと思ったが、
メーカーサイトにも適合が書いていない。

情報を集めると適合するサイズはあるが、
適合と書いてないとの事だった。

やや不安だったけど同じセロー乗りの方が付けていたので
Amazonで購入してみた。

キジマ ワイヤーロックドレンボルト
マグネット付
品番 105-116
定価 1,000円
Amazon 964円

届いたドレンボルトを見てもやはりセロー250は書いていない!
ヤマハ車種だと50ccや80ccの小排気量車しか書いていない!

オイルを抜いて、パーツクリーナーで清掃。
付属してるガスケットをそのまま使用。
手でゆっくりと回して入れていく。
おぉすんなり入った。
ネジのピッチも問題なさそうだ。

純正ドレンボルトは12mmだったけど、
今回のマグネット付は17mmと少し大きくなる。
弟から借りたトルクレンチもあったけど、
なんとなくの感覚で締め付けて完了!

今のところオイル漏れはまったくなし!
次回のオイル交換でどれくらい鉄粉を除去できてるか楽しみ〜

-バイク, ヤマハ セロー 250
-

Copyright© ライダーブログ , 2019 All Rights Reserved.