セロー250 オイル交換 Motul 7100

バイク ヤマハ セロー 250

セロー250 モチュール7100にオイル交換

2015年10月30日

セロー250のオイル交換

購入したバイクショップで初回点検を無事完了。

さて、オイル交換を自分でやってみよう!

セローにモチュールを入れる

今回セロー250を育てるために選んだオイルはこれだ。

Motul 7100
10W-40
100%化学合成オイル

実はスポーツスターの時も20W-50でこのオイルを入れていた。

空冷エンジンは走らないと風が当たらずエンジンが熱くなる。

このオイルを入れたら夏場の渋滞でもとてもスムーズに回ってくれた事を覚えている。

ネットで購入したのでバイク量販店よりもかなり安価に調達できた。

ヤマハ純正パーツの調達

消耗品パーツは下記の通り。

商品(1)
YAMAHA 純正部品(90430-12213)
備考 ガスケツト
販売価格(税込)226 × 2個 = 452

 

商品(2)
YAMAHA 純正部品(5D3-13440-02)
備考 5D3-13440-09 エレメントアセンブリオイルクリーナ
販売価格(税込)1015 × 1個 = 1015

 

商品(3)
YAMAHA 純正部品(93210-07135)
備考 O-リング(583 OIL DRAIN
販売価格(税込)108 × 1個 = 108

 

商品(4)
YAMAHA 純正部品(93210-54175)
備考 O-リング(341)
販売価格(税込)237 × 1個 = 237

 

商品(5)
YAMAHAヤマハワイズギア グリースB 150g (9079340012)
その他 汎用
備考
販売価格(税込)1259 × 1個 = 1259

今回はすべて純正パーツをウェビックから購入した。

ハーレーに比べてとても安価に純正パーツが手に入る。

これも国産車ならではメリットだ。

ヤマハ グリースB

そして今回の目玉はグリースBだ。

自分でオイルフィルターを交換したセロー乗りのブログを見た。

「Oリングはエンジンオイルに浸してから装着する」

やまは
うん。正しいね。

長年そう思っていましたが、

正解はグリースBを塗ると整備マニュアルにあるそうです。

言われてみれば、オイルを塗ると染み込みやすいよな...

だってすでにそこにはオイルが染みてる訳だから...

ヤハマワイズギア グリースB

耐水、耐熱、耐漏れ性、せん断安定性に優れた万能タイプ

そうこのグリースは熱に強くて漏れない性能なのです!

という訳でこれをOリングに塗ってオイルフィルターを組み込みました。

オイル交換後の試運転

オイル交換後に軽く近所のガソリンスタンドまで試運転。

まずはその始動性にビックリ。

ヒュルと軽くエンジンがかかります。

やまは
軽い!

そしてアイドリングがとても静かに!

今まではトルトルトルと鼓動感があったのですが、

Motulに交換後はヒュルヒュルヒュルと音がスムーズで静かです。

セロー250 オイル交換 Motul 7100

乗り出してまたまたビックリ!

ギアシフトがとてもスムーズに!

今まではコクンという感じでしたが、クニュンとあきらかに滑らかに動いているのが解ります。

エンジンの吹け上がりももちろんスムーズ。

やまは
オイルだけでこんなに変わるの!

振動が少なくなり、とても快適です。

今日のまとめ

セロー楽しいなぁ〜

やはり自分でオイル交換すると愛着が湧きますね〜

関連する記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 やまはうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパ ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク, ヤマハ セロー 250
-,

© 2020 ライダーブログ