バイク.クルマ.スキー.サーフィン.「乗る」を楽しむブログ

ライダーブログ

ヤマハ セロー250の楽しみ方

A8 楽天ゴールド

バイク ヤマハ セロー 250

セロー250の楽しみ方

投稿日:2015年8月17日 更新日:

バリバリの新車で購入したセロー250。
慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。

ヤマハ セロー250の楽しみ方
まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。
前車スポーツスターXL883Rと比較するととても面白い。

セローは車重が軽い

セロー250は車重が軽い。
カタログ数値で130kgだ。
XL883Rの約半分...

・ガレージから出す時
・ちょこっと止めてよせる時
・前がつまって車線を変える時

すべての挙動で軽いメリットがある。
特に街乗りではその恩恵はとても大きい。

セローは前乗りのポジション

乗ってすぐに気がついたのがこのポジションの違いだ。
低速でフラフラと前輪が落ち着かない。
最初は車重のせいだと思っていた。
信号待ちで左のガラスに写っている自分とセローを見た。
「え〜かっこわりい〜」
雑誌等でみるオフ車のポジションとかなり違う。
そうアメリカンに乗り慣れていたので、後ろに乗って腕を伸ばすようなポジションをとっていたのだ。
これでは後輪荷重になって前輪が浮くのは当たり前。
もっと前に乗って肘を外側に向けてやや前傾姿勢をとる。
「おぉ〜まったく違うバイクになった!」
人間という一番重い重量物が重心位置に収まったので、動きやすく安定している。
これが正解だな。

セローは小排気量250cc

慣らし運転なのであまりエンジンを高回転域まで回さない。
これは常識だ。
しかし、遅い...
信号で隣にいた125ccのD-Trackerをじっと観察した。
「125ccでも速いぞ」
「あ、そうか」
これもXL883Rのクセをそのままセローに持ち込んでいた。
ギアチェンジの時にもっさりと繋ぐため、回転数が落ちていたのだ。
スポーツスターならトルクがあるので、回転数が落ちてもモリモリとスピードが乗る。
しかし、セローは250cc単気筒。
一度回転数が落ちるとパワーも落ちる。
ある程度回転数を上げたら、スパッとシフトアップ!
回転数をキープしたまま繋いでいく。
「おぉ〜スピードに乗れるぞ」
「小排気量車の扱いが上手な人はエンジンを使い切る」
先輩の言葉を思い出した。

うん。いいね。
セロー250 楽しくなってきた!

rider_336

rider_336

rider_reccomend_post

  • この記事を書いた人

uma

/セロー250/セレナC25/バイク/クルマ/スキー/ゴルフ/サーフィン/既婚/ 子供の時から乗る系が大好き。オールシーズン何かしらに乗っていたい東京都在住のフリーランス53歳。

-バイク, ヤマハ セロー 250

Copyright© ライダーブログ , 2018 All Rights Reserved.