試乗 スズキ V-Strom 650

バイク

浮気試乗 スズキ V-Strom 650

XL883Rで山手通りを流していると
スズキのディーラー「スズキワールド新宿」が目に入った。

前から気になっていたスズキのバイク。
最新型の国産750ccはどんな感じだろう...
ちょっと飛び込みで入ってみる事にした。

店員さんも「バイク好き」という気持ちが伝わる方で、
いきなりの飛び込み試乗にとても丁寧に対応してくれた。
GSR750は試乗車がなかったので、
アドベンチャーツアラーV-Strom 650に乗ってみることにした。

試乗 スズキ V-Strom 650

ボディは車高が高いが全体的にスリムなイメージだ。
二眼のフロントカウルが精悍な印象。

いざまたがってみるとシート高が高い!
身長は175cmあるのに、つま先がなんとか地面に届く状態!
アップハンドルでポジションも高めだ。

エンジンスタート!
おぉ静かだ...
ハーレーと比べるのも何だが、振動が全く無い。
同じVツインでも日本製はとっても静かだ。

かなり細めのクラッチレバーを操作し
いざ試乗コースへスタートした。
クラッチは軽く、スルスルとスムーズに走りだす。
走りだしてしまえばシート高はもう気にならない。

1速2速、下からでも充分なトルクがある。
回転数を上げても振動がなく、モーターのように良く回る。
シフトもカチカチと小気味よくきまる。

試乗 スズキ V-Strom 650

角度が変えられるウインドスクリーンは大きめで防風効果が高い。
XL883Rと比べると風が当たらないので楽チンだ。
その分、速度が出ているという意識がなくなる。

ハンドリングもスムーズで素直だ。
全体的に高めのポジションなので見通しが良く、
とても運転しやすい。

装備面も充実している。
シートはかなり大型で、特に後ろ側が大きい。
これならタンデムツーリングも楽々だと思う。
グラブバー一体型のリアキャリアも使い勝手が良さそうだ。

試乗 スズキ V-Strom 650

多機能メーターも白地で見やすい。
0が真下に来るタコメーター、デジタル表示の速度計、
そして真ん中にはシフトインジケーターがある。
さらにメーター下部に色々な情報を切り替えて表示できる。
左グリップ近くにあるボタンで、外気温、燃費を運転中に手をハンドルから離すことなく切り替えられる。

水冷+カバーのおかげで、全くエンジン熱を感じない。
真夏でもとても快適に運転できそうだ。

アドベンチャーツアラー...
これで日本中を旅できたら...
楽しい想像が膨らむ楽しいバイク!
うん。いいかも!

あわせて読みたい関連記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 いぬうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパー ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-バイク
-

© 2020 ライダーブログ