サロモン スキー ORIGINS LAGOON + L9 2012-13

スキー

ビギナーの彼女用にサロモンスキーをチョイス!

2013年3月2日

去年スキーを始めた彼女用にサロモンのレディースモデルを検討。楽しく快適なモデルを探して「ORIGINS LAGOON」を購入した。

サロモン スキー ORIGINS LAGOON + L9 2012-13

salomon ORIGINS LAGOON + L9
2012-2013モデル

SAJの4級に合格しスキーに燃えている彼女。
より楽しく、快適に雪山で遊べるように慎重に板を選んだ。
長さは151cmを選択。
これはレンタルスキーでいろいろな長さに乗ってみて一番快適だった長さを選んだ。

サロモン スキー ORIGINS LAGOON 特徴

この板は2012-13モデルの板なので、今主流のロッカースキーだ。
オールテレインロッカーというアウトラインを持っている。
以下、サロモンのカタログからの抜粋を掲載しておく。

ロッカーで簡単

効果としてはターンの導入がしやすく、左右の切替が早くなる。
振動吸収に優れ、不規則な斜面でも、安定したパフォーマンスを発揮。さらに、グルーミーングバーンにおいては、自由自在のスピードカービングで圧倒的な機動力を披露。

スゴイ。。。この機能は一昔前のレーサーモデルのカタログの内容だ。
これが今ドキスキーになると、レディースの快適モデルに搭載されている!
さらにカタログにはこう続く。

振動に強くて安定

2本のパワーラインバーがあらゆる振動を吸収する。
オールマウンテン用のワイドスキーに対応するために2本のパワーラインバーを内蔵したタイプ。荒れた斜面を滑走する際に発生する振動を2本のバーが効果的に吸収。あらゆる状況下で高い走破製を発揮。

これも昔なら高級ハイテク板の台詞だろう。
技術進歩は素晴らしい!
さらにこの板は軽く、リフト上でもストレスなく、一日中楽しく遊べる板だ。

サロモン スキー ORIGINS LAGOON インプレッション

では実際に雪の上で滑ってみよう。
サロモンの滑走面は予想通りスルスルと快適に滑っていく。
軽く短めの板は取り回しも楽チンでコントロールもしやすいようだ。
ボーゲンが実力の彼女が新しい板に慣れてきたリフト5本目。
驚く事が起きた。
いつの間にかハの字を自分から狭め、パラレルに近い形になっている!
ターンがしやすいロッカー形状とコントロールしやすい軽量というメリット。
自然にパラレルターンへと進化している!
新しいテクノロジーは素晴らしい。
最近のSAJバッジテストからボーゲンとパラレルの間にシュテムターンが無くなったという事実をリアルに体感した瞬間だ。
初めてスキーをやる方、久しぶりの復活スキーの方。
この板なら履いた瞬間に上手になります!

サロモン スキー ORIGINS LAGOON スペック

長さ 151cm
サイドカット 123/73/102mm
ラディウス 10.9m
重さ 1,796g

ビンディングシステム L9 Easytrak
構造&コア モノコック コンポジット
ティップ&テール ティッププロテクター&スクエアテイル
ロッカー オールテレインロッカー
スキー ブルガリア製
ビンディング ルーマニア製

サロモン スキー ORIGINS LAGOON + L9 2012-13 ビンディング部分

サロモン スキー ORIGINS LAGOON 価格

メーカー希望価格は52,500円(税込)
人気モデルにもかかわらず、ネットでかなり安く購入できる。
楽天で26,800円(税・送料込)+ビンディング取付技術料2,100円(税込)
この値段で最新テクノロジーの楽しいスキーが買える。
スキーを楽しみたい女性にオススメのスキーです!

現在は新型モデルが発売されています。

あわせて読みたい関連記事

おすすめ記事

1

大型免許で250ccという選択 私はバイクの大型免許を持っています。 以前はハーレーのスポスタに乗っていましたが、今はセロー250に乗っています。 バイク仲間からは「なんで?」をかなり言われました。 ...

ヤマハ セロー250の楽しみ方 2

ヤマハ セロー250 バリバリの新車で購入したセロー250。 慣らし運転中だけど、じわじわとセローの魅力が分かってきた。 まったく違うバイクに乗るというのは極端に比較できて楽しい。 前車スポーツスター ...

スポーツスター リフレクターパネルの外し方 3

ハーレーを眺める楽しみ ついに手に入れたハーレーダビッドソン XL883R 意味もなくガレージに行って眺めてしまう。 いぬうーむ。いつ見てもカッコイイ! 許せないパーツ発見 しかし、ここで許せないパー ...

セロー250 純正ハンドガード装着 4

やっぱり欲しいぞハンドガード 前回ZETAで失敗したハンドガード。 やはりオフ車には付けたいアイテムなので純正で再挑戦した。 ハンドガード、ブラッシュガード、ナックルバイザー、グリップガード、 色々な ...

-スキー
-

© 2020 ライダーブログ